「季節」カテゴリーアーカイブ

lavender’s blue

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

lavender's blue河口湖の夜明け。
富士山には開山間もない山小屋の灯り。ブルーアワーの世界にラベンダーがひっそりと咲いておりました。

GPV 気象予報(富士山周辺広域エリア)

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

GPV 気象予報(富士山周辺広域エリア)ブログパーツをページに貼ってみました。富士山周辺を中心とした撮影において、出先でお天気・雲の動きの予測用として使っております。

富士山周辺広域エリア

GPV 気象予報 http://weather-gpv.info/

ダイヤモンド富士&アイスキャンドルフェスティバルの季節ですね

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

いよいよ山中湖ではダイヤモンド富士の季節となってきました!

毎年この時期には多くのカメラマンで湖畔は賑わいますね。またイベントとして2/1、2/11、2/15には「アイスキャンドルフェスティバル」が開催されます。ダイヤモンド富士を楽しんだ後に会場にセットされた氷のキャンドルとの幻想的な景色を楽しむことができますので楽しみです。
(2/12追記)山中湖観光協会HPのお知らせによりますと、アイスキャンドルフェスティバルは予定していた2月15日(土)は悪天候が予想されるため、16日(日)に変更となりました。今後の天候の変化にお気をつけください。

山中湖ダイヤモンド富士但し、冬の大人気イベントで駐車場は大変混み合いますので行かれる方はご注意下さい。以前、かなり早めに行ったつもりでしたが、ほとんど満車状態でなんとか駐めることができた様な状態でした。(今年は富士山文化遺産登録で更に人気が有りますのでお気をつけください)また冬季ですので降雪や路面凍結する場合もございます。ノーマルタイヤで向かうのは危険ですので絶対におやめ下さい。

富士山みくりやの旅。ダイヤモンド富士の撮影をしてみたい方で、マイカー以外の交通手段で考えられている方に「富士山みくりやの旅。」というサイトで開催しているツアーをご紹介します。2月15日に、この「ダイヤモンド富士&アイスキャンドルフェスティバル」の両方を楽しむツアーとなっています。

  • 富士山みくりやの旅。
    http://fujisan-mikuriyanotabi.jp/
    (2/12追記)山中湖観光協会HPのお知らせによりますと、アイスキャンドルフェスティバルは予定していた2月15日(土)は悪天候が予想されるため、16日(日)に変更となった様です。「富士山みくりやの旅。」のツアーに関しましても16日に変更となりました。

出発は御殿場の時之栖またはJR御殿場駅となっており、ゆったり午後出発の撮影ツアーです。バスで会場まで連れて行ってくれますので安心ですよ。(帰りも同じ所まで戻ってきます)往復の交通費だけで考えても2,230円はお得ですね。(価格もフジサンですね)

時間的にも余裕がありますので、午前中に時之栖散策、または無料バスを利用し秩父宮記念公園・平和公園の散策、御殿場からの富士山撮影などをして、時之栖施設内または御殿場駅周辺で昼食、その後「ダイヤモンド富士ツアー」参加というプランが丸一日楽しめそうです。秩父宮記念公園からJR御殿場駅への移動は御殿場総合サービス株式会社(GSK)さんが運営する無料送迎バスを利用できます。

以上、ご参考まで。

祝!富士山の世界文化遺産登録

It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

祝!富士山の世界文化遺産登録

おめでとうございます!2013年6月22日、第37回国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会において「富士山」の審議が行われ、世界文化遺産として正式に登録されました。

日本の富士山から世界の富士山へ!「世界の宝」となった今、喜ぶべき事であると同時に大きな課題も「山積み」である事を自覚しバランスよく対応して行かなければならないでしょう。

この度、富士山の世界文化遺産を記念しまして、富士山写真〜四季の富士〜ギャラリーをOPENしました。四季の富士とFUJIYAMA DAYS.のコラボギャラリーとなっております。1950年頃から現在までの富士山風景を今後も追加していきます。どうぞ御覧ください。今後は見て楽しめるコンテンツも追加していく予定です。

http://fujisan.g-news.jp/